DivinGood.coomトップページアウトドアスクウェア  
ダイビングッドTop 海の危険生物 ウミヘビ

ウミヘビ

ウミヘビ
(イイジマウミヘビ・クロガシラウミヘビ・マダラウミヘビ)



分類 : ウミヘビ科
体長 : 1m〜1,8m
生息 : サンゴ礁
特徴 : おとなしい性質のためむやみに触ったりいたずらをしない限り攻撃をしてくることはないが、繁殖期などは近づきすぎると襲ってくる場合もある。毒の牙を持ち、毒性はハブの70倍〜80倍ある。

症状 : 咬まれても痛みを感じることが殆どなく患部にも大きな変化はないが、時間の経過とともに手足の運動障害がひどくなる。重症の場合は呼吸麻痺・心不全を起こし死に至る。
対処 : 安静にし、傷口から体の中心部に近い部位をヒモなどで縛り毒が回るのを防ぐ。傷口から血液とともに毒を流し出したり口で吸い出し、アルコールなどで傷口を洗い解毒し医療機関へ。

一つ前の危険生物
「ウツボ」
海の危険生物
トップへ戻る
次の危険生物
「ハリセンボン」


画像の無断での転載、加工は禁止されています


Copyright 2013 ©, OutdoorSquare, all Rights Reserved.