DivinGood.coomトップページアウトドアスクウェア  
ダイビングッドTop 沖縄・宮古島ダイビング情報 宮古島ダイビングポイント


ポイントをクリックしてください
 >>>伊良部エリア(ポイント名が青い文字)は夏場ポイント
 >>>下地エリア(ポイント名が赤い文字)は冬場ポイント

伊良部ポイントマップ スネークホール&ハナダイの根 白鳥崎 白鳥幼稚園 L字アーチ Wアーチ Zアーチ クロスホール ナンバー15 サージオンリーフ トリプルスリー パナタ 魔王の宮殿 ウォールケーブ 通り池 ミニ通り池 アントニオガウディ ドロップ1番 中ノ島チャネル 中ノ島ホール マリンレイク 一ノ瀬ホール 一ノ瀬ドロップ サンゴホール ツインケーブ エイトポールアーチ ロックビューティ クリスタルパーク

スネークホール&ハナダイの根
スネークホール&ハナダイの根 白鳥岬のきり立った崖の下にポイントがあり、水深約6mの横穴から入るとエアードームへつながっている。 スネークホールとは、以前ウミヘビが産卵にやってきていたのでその名前が付いている。 ホールの隣にはハナダイの根と呼ばれるポイントがあり、キンギョハナダイやアカネハナゴイが数多く群れている。
POINT MAP Top

白鳥崎
白鳥崎 白鳥岬の小さな湾内にあるポイント。ビーチエントリーも可能なポイントで浅い所ではマクロを楽しみ、深場では大物にも期待できる。
POINT MAP Top

白鳥幼稚園
白鳥幼稚園 白鳥岬の北の沖にあり、中はオープンスペースのポイントなのでじっくりフィッシュウォッチングを楽しめる。 幼魚が多いポイントなのでこの名前が付いている。
POINT MAP Top

L字アーチ
L字アーチ 水深20m程のリーフに大きな縦穴があいていて横穴へと続いている。 穴の形が“L”に似ているからL字アーチという。 横穴付近では「ロウニンアジ」や「バラフエダイ」、「ナポレオン」などの大物に遭遇する可能性大。
POINT MAP Top

Wアーチ
Wアーチ ダブル(2つ)のアーチがあるからWアーチ。下からアーチを見上げて光が射し込むシーンはミモノ!! 魚影も濃く、ノコギリダイやオヤビッチャ、アカマツカサの群れが見られ、フィッシュウォッチングにも最高のポイント。
POINT MAP Top

Zアーチ
Zアーチ なだらかな傾斜になっている根を降りていくと、“Z”の形をした横穴がある。 最大水深が30mに達してしまう深場のポイントだが、ロウニンアジなどの大物も結構多い。
POINT MAP Top

クロスホール
クロスホール 水深25mの横穴から入ると上からスポットライトが当たっているような景色が飛び込んでくる。 横穴は縦穴につながっていて縦穴の出口がクロス(+)に見えるのでクロスホールと呼ばれている。 宮古の縦穴スポットの中でベスト3に入る地形ポイント。
POINT MAP Top

ナンバー15
ナンバー15 ダイナミックなオーバーハングとその上のアカネハナゴイ、キンギョハナダイ、カスミチョウチョウウオ、アカモンガラ、タカサゴ、ウメイロモドキの群れ、下にいるハナヒゲウツボ幼魚が楽しめるポイント。
POINT MAP Top

サージオンリーフ
サージオンリーフ 伊良部島の北端にあるポイント。マダラトビエイポイント、ネムリブカポイントなど大きいもの好きな人にオススメのポイント。
POINT MAP Top

トリプルスリー
トリプルスリー 下地島の北西にポイントがあり、水深が深く中級者以上向け。 深場にあるアーチ付近では大物も多い。潮の流れが弱い時を狙ってエントリーする。
POINT MAP Top

パナタ
パナタ 下地島西側のビッグポイント。マンタやギンガメアジなどが狙える。 潮の流れを予測していけば遭遇率アップ。
POINT MAP Top

魔王の宮殿
魔王の宮殿 宮古のポイントの中で非常に人気の高いポイント。 宮殿内部はいくつかの部屋に分かれており、メインの部屋は上から射す光が素晴らしい。 すぐ隣のヤマタキクレバスも含めると1本のダイビングでは回れないくらい見所の多いポイントである。
POINT MAP Top

ウォールケーブ
ウォールケーブ ドロップオフの壁に横穴があいており、壁の穴という意味でウォールケーブと名付けられた。 深場の穴ではシマクダリボウズギスモドキやリョウマエビが見られる。
POINT MAP Top

通り池
通り池 下地島の観光名所として有名な通り池。 海側からエントリーし、ドロップオフを約25m潜ると通り池の入り口がある。 池へとつながるトンネルは広々としていて池へと潜って行く時のワクワク感がたまらない。 池の中はサーモクラインとケモクラインの両方が見られ何層もの色が楽しめる。 池から海へと帰る時の青い海の色も注目して欲しい。
POINT MAP Top

ミニ通り池
ミニ通り池 下通り池の隣りにあり、穴の入り口も10m以下で初級者にも楽しめるポイント。 “ミニ”と名前が付くからと言ってあなどることはできず、透明度も良く、魚もたくさん見られる。
POINT MAP Top

アントニオガウディ
アントニオガウディ スペインの建築家アントニオガウディにちなんで付けられたポイント名。 メインの根はいくつもの穴があいていて中から外の海を見ると幻想的で素晴らしい。 アカモンガラやアカヒメジやホウセキキントキの群れも楽しめる。
POINT MAP Top

ドロップ1番
ドロップ1番 ロウニンアジ遭遇率99%を誇るポイント。ロウニンアジの巨体を間近にすると興奮度は120%へ。
POINT MAP Top

中ノ島チャネル
中ノ島チャネル 中の島湾内にあり、水中にはいくつもの水路(チャネル)が沖へ向かって通っており、そのひとつひとつがアーチになっていたり、トンネルになっており地形を楽しみながら通っていく。 マクロ系のファンにもお勧めのポイントで毎回、潜るたびに珍しい生物に出会える。
POINT MAP Top

中ノ島ホール
中ノ島ホール 中の島湾の先端にあり、水深27mにある「ひょうたん型」の横穴を入ると長い縦穴へと続き、階段状になった縦穴をゆっくり上がると5m程の所に出口がある。 内部は少し暗いのでライトを持って潜る方が良い。
POINT MAP Top

マリンレイク
マリンレイク 通り池と同様に陸にある池が海とつながっているポイント。 アカマツカサの群れをかき分けてトンネルを通っていくと広い部屋にでる。 そこを回り込んだところで浮上すると池へと出られる不思議なポイント。
POINT MAP Top

一ノ瀬ホール
一ノ瀬ホール 下地島の南西側に位置するポイントで、大物釣りをする磯場のポイントでもあり釣人がいるとなかなか潜ることができないが、春や秋に天気の良い日に潜ると穴に射し込む光や穴の中から見る海のブルーの色がとても良い。
POINT MAP Top

一ノ瀬ドロップ
一ノ瀬ドロップ 一ノ瀬ホールの先にあるドロップオフ。 中性浮力をとりながら沖へ泳いで行くと大きくきり立った根がある。 根の上で大物待ちをしているとイソマグロが見られることも多い。
POINT MAP Top

サンゴホール
サンゴホール 広い横穴のポイントで入り口と出口以外は真っ暗なのでライトを持って潜り、ライトを照らすと所々にハタンポが群れていてライトの光が反射してキラキラと光っている。 サンゴホールのサンゴとは35mの意味。
POINT MAP Top

ツインケーブ
ツインケーブ その名の通り、二つのケーブをメインに潜るポイントだが一つのケーブをじっくりと潜るのも面白い。 水深も浅いのでフィッシュウォッチングを楽しみながら初心者でものんびり潜ることが出来る。
POINT MAP Top

エイトポールアーチ
エイトポールアーチ 変わった形のアーチやケーブがあり、そのいくつかを通っているとまるで迷路に迷い込んだような気分になる。 広いケーブや狭いケーブを探検気分で潜っていただきたい。
POINT MAP Top

ロックビューティ
ロックビューティ 渡口の浜の沖にある砂地のポイントで、宮古では地形のポイントが多い中、開放的なスペースになっている。 センジュイソギンチャクとカクレクマノミの共生があちこちで見られ、砂地からガーデンイールが無数に顔をだしてダイバーを歓迎してくれる。
POINT MAP Top

クリスタルパーク
クリスタルパーク 水深10mほどの砂地に点在する根にスカシテンジクダイやキンメモドキの群れが太陽の光をあびてキラキラ輝いているポイント“クリスタルパーク”。 群れを狙ってハタやカサゴなどの捕食シーンなども見ることができます。 魚影も濃く水深も浅いのでウミウシやハゼ、エビなどマクロ系のフィッシュウォッチングにぴったりな癒し系ポイント。
POINT MAP Top



<おすすめショップ>

伊良部島マリンズプロ宮古

少人数制でリクエスト重視のショップ。デジカメダイバーには撮影テクニック・メンテナンス無料レクチャーもうれしいサービスです。
おすすめショップ

公式ホームページ。ダイビングブログを毎日配信中。
公式WEBPAGE


Copyright 2013 ©, OutdoorSquare, all Rights Reserved.