DivinGood.coomトップページアウトドアスクウェア  
ダイビングッドTop ダイビングレポート ジンベイザメダイビング in 沖縄

秋の訪れを感じる本州を飛び出し、まだまだ夏真っ盛りの沖縄でダイビングを楽しんできました! 連休真っ只中、観光客やダイバーで陸も海も大賑わいです。
ダイバーの憧れ世界最大の魚類“ジンベイザメ”と一緒に泳いできました♪



ブリーフィング まず港でビデオの上映後、注意事項などのブリーフィングを受けます。

港にはシャワールーム、トイレやコインロッカーなども完備してあります。

ポイントに向けて出発 ジンベイポイントは船で10分ほど行った読谷村沖800mにあり、現在は巨大いけすの中で7.5mと4mの2匹が飼われています。 船酔いする間もなくあっという間に到着です。

はやる気持ちを抑えながらエントリーします。

ネットの中へ 潜行すると網の向こうに大きな影が見え、ゆっくり近づいてくるのがわかります。あまりにも大きくて圧巻です!

ガイドの指示で一人ずつヘッドファーストでネットの中に入っていきます。 はやる気持ちを抑えながらエントリーします。

お食事中のジンベイ 全員が入り終わったところで、ガイドがジンベイにオキアミで餌付けをします。

大きな口をあけオキアミを一気に丸呑みして食べる姿はド迫力です!

大迫力の姿で近づいてきます 餌付けが終わるとフリータイム。おそるおそる近づいていきました・・・でも、ちょっと怖い。 2匹いるのでどちらかを見ていて油断しているともう一匹がすぐそばに近づいてきていてビックリ。

ジンベイザメは他のサメと違っておとなしくとても愛くるしい目をしています。

やっぱり鮫肌 触ってもいいとのことなので、おっかなびっくり触ってみました〜。

背中はザラザラ、本当に鮫肌なんです、納得! 触る方向によっても手触りが違うんですヨ。

またどこかの海で会おうネ フリータイムも終わりガイドの指示でネットの外に出ます。 後ろ髪を引かれる思いでしたが、繊細なジンベイ、あまり長く近くにいるとストレスが溜まるとのこと。 ジンベイも大変なのね・・・

ネットの外から最後の見納めです。名残惜しそうにジンベイも見送ってくれています。
またどこかの海で会おうネ。

ショップ前できれいな夕日 今回お世話になったのはブルーフィールドさん。とても親切なショップです。 詳細はコチラまでどうぞ。

北谷店の目の前は有名なダイビングポイント「砂辺」です。 今日は夕日がきれいでした。


本当のところ飼われているジンベイと泳ぐってのはどうかな〜なんて思っていましたが、実際巨大なジンベイを目の当たりにするとそんな思いは消え思い出深いダイビングとなりました!

いつの日か自然の海の中で遭遇してみたいな。でも急に現れたらびっくりしてレギュレーターを外してしまいそう・・・心の準備が必要かも。

・沖縄の水中写真はコチラから





エクスペディア海外ホテル最低価格保証「他社より1円でも高ければ差額返金+1,000円プレゼント」

Copyright 2013 ©, OutdoorSquare, all Rights Reserved.