DivinGood.coomトップページアウトドアスクウェア  
ダイビングッドTop グレートバリアリーフダイビング特集

グレートバリアリーフってどんなところ?

ひとくちにGBRといっても実際にはオーストラリア東海岸北部沿岸沿いに、延々2000km以上に渡って連らなっていて大小2500を超える珊瑚礁があり日本列島がすっぽり入るスケールです。 大小700以上もの島々、2500を越える珊瑚礁や350種を超えるサンゴ、1500種を超える魚、海上や島には250種近い鳥類が生息していてユネスコの世界自然遺産にも登録されています。
GBRはファーノーザンセクション、ケアンズセクション、セントラルセクション、マッカイ&カプリコーンセクションと海洋公園の管理上大きく4つのセクションにわけれらています。
今回は成田から直行便で7時間のケアンズセクション、日帰りダイビングで行けるリーフの中で透明度が一番よく大物遭遇率もいいといわれている最北端に位置する“エイジンコートリーフ”をレポートします。

空から見るGBR
空から見るGBR
快適なクルーズ船
クイックシルバー号

グレートバリアリーフのダイビングシーズンは?

一年中ダイビングを楽しむことはできますが、12月後半から4月初旬は雨季で透明度が多少落ちます。乾季は4月後半から12月初旬。4月から9月は風の強い日が多く船に弱い人には少しきついかも。 10月から12月初旬は風も弱まり雨も少なく透明度も高くなりベストシーズンです。雨季は3mm、乾季は5mmのウエットスーツで。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
シーズン
雨季
乾季
雨季
平均気温
27℃
26℃
25℃
23℃
21℃
23℃
24℃
26℃
27℃
水温
27℃
28℃
27℃
26℃
25℃
24℃
23℃
24℃
26℃
27℃
降水量
410
430
450
190
90
50
30
30
40
40
90
180
スーツ
3mm
5mm
3mm
水中陸上
トピックス
スコールが降りやすくサイクロンの発生も
ミンククジラ・ザトウクジラ
コブシメの産卵


グレートバリアリーフのダイビングは?

ケアンズから車で約1時間のポートダグラスのマリーナミラージュより出航、1時間30分のクルージングでエイジンコートリーフを目指します。 すべて違うポイントで午前中に2本、ランチを挟み午後1本の計3本が一般的です。
港には16時から16時30分頃帰港します。
料金は3ボートで220オーストラリアドル、その他にリーフタックス、燃料サーチャージが必要です。

<おすすめポイント1 キャッスルロック
キャッスルロック ヤイトハタの“ポチくん”とアカマダラハタの“タマちゃん”に会える“キャッスルロック”。
エントリーするとすぐに人懐っこい“ポチくん”が出迎えてくれ子犬のようにすり寄ってきて超かわいい〜 “タマちゃん”は警戒心が強く少し離れたところからダイバーを見ています。 ヤッコエイやガーデンイール、ホワイトチップなどに出会えます。
<おすすめポイント2 バラクーダボミー
バラクーダボミー バラクーダが群れているポイント“バラクーダボミー”。 私たちが潜った時は少し流れがあったせいかなんと100匹以上のブラックフィンバラクーダの群れに囲まれみんな大興奮でシャッターを押していました。
他にもピックハンドルバラクーダ、ナポレオン、カスミアジ、ガーデンイールやスカシテンジクダイの群れなどサンゴもとても綺麗で生き生きしておりスタッフ一押しのポイントです。
<おすすめポイント3 ザ・ポイント
ザ・ポイント これぞ“GBR”というサンゴがすばらしいポイント“ザ・ポイント”。 太陽の光を受けきらきら輝いているその光景はまるでお花畑に迷い込んだような錯覚にもおちいります。


ナポレオン、パープルビューティ、レッドアンドアネモネフィッシュ、カニハゼなどに会うことができました。


 G・B・Rダイビングレポートに続く



<おすすめショップ>

DIVE 7 SEAS

快適なダイビングクルーザーに親切丁寧なガイドでダイビングが楽しめます
GBRおすすめショップ

公式ホームページ。ダイビングログを毎日配信中。
公式WEBPAGE


Copyright 2013 ©, OutdoorSquare, all Rights Reserved.